グーグル先生でエッチィ言葉を検索して人間という生き物を性的な側面から真剣に考察してみようと半裸の状態でハァハァ言いながらパソコンを叩いていたときのことです。

Doki Doki Literature Club!というゲームの開発者インタビューみたいなもんを見つけました。

簡単にどんなゲームか説明すると海外の方がつくられた無料のゲームで日本のギャルゲーにインスパイアされたちょっと心臓の弱い方には向かないゲーム(重要)ってかんじのゲームです。

全編英語ですが有志の方が作成した日本語パッチもあるので日本人もプレイできるようです。

自分はネタバレとか全く気にならない人間なので速攻クリアした人の記事やら色々検索してみたんですがかなり面白そーな印象をうけたんで興味が出てきてニコニコ動画で検索してみたらいい感じに翻訳して実況してくれてる人がいたんで一気見してまいました。

実況はまだ途中までしか上がってませんが文章がうまくてすんなり世界観に没入できるのでオススメですよ^^

でも没入できるぶん精神的にくる衝撃がその辺のホラーなんぞ比べ物にならない感じになってるんでほんとに繊細なガラスのハートの方はやんない方がいいと思います。(まじで)

こーいうのはコンシューマー向けのゲームでは出てこないでしょうが、だからこその仕掛けがあったりしてほんとにスンバラシイと思いますわー。

なんとなくユーフォリアっていうエログロゲー思い出しました。これもプレイしたわけじゃなくネット上でストーリー読んだだけですがエロとか個人でしか作れないゲームってたまにぶっ飛んだのがでてくるからおもしろいですよねー。