体は大気でできていて

空には透明な鳥が飛んでいる。

風はミルクみたいに滑らかで

光の子供を孕んでる。

 

水底みたいな静寂。

 

高い、高い、空の底には果てがない。

果てのない空には裸の人間が沢山逆さに吊られてる。

流体銀河の浅瀬では静止した星座達が浸ってる。

増女からピンク色の体液を抽出するスイッチを押せばルビンの壺の色温度がわかるよね。

清澄で精緻で清潔な生殖からは熟みとクエンチ、ビー玉大の愛が生成されております。