Sonny Boyおもろかったっすねー。

漂流してた世界って死後の世界のメタファーっぽいなーって感じますぃた。

しらんけど。

あと脈絡ないけどkojikojiとか高木正勝とか坂口恭平とかの音楽って作りこんで完成されたもんじゃなくて家でそのまま録音したような音源って何回も聞けるけど作りこまれたやつって聞いててもすぐ飽きちゃうことに最近気づきました。

やっぱ不完全なもんの方が抽象性がたかいからじゃなかろーか。

そして最近アマプラ30日無料のやつに登録したんでエヴァの最後の映画見てみまして、思ったのが最後の首なしの白いのが新世界の人間になっていくのって新しい世界の人は自我があんまないってことのメタファーなんやろかなーことです。

さらに風呂はいっとる時になんやかんや自分の描いとる絵に今まで理由つけてたきがするけどやっぱ絵を描くという行為も描いた作品にもなんも意味も価値もないんやなーってふと思いました。

ネガティブな意味じゃなくてね。

多分人それぞれが生きたいように生きてたらそれだけで自然と人生に起きるなんやかんやの出来事に触れていくうちに意識なんて勝手に拡張していくもんなんやろなー。

と、まーそんな感じです。

なんか書きたかったこと他にもあった気がするけど思い出せんのんでさすがに月一ぐらいでは更新したほうがいいかもって今思いました。