うしおととら昔から好きでアニメ化されてチョー嬉しいんですが三話の鬼の作画も~っとグロテスクにして欲しかったなーって思っちゃいました。

例えば・・・。

顔が歪む程の憎悪と呪い殺せる程の怨念と気が狂う程の嫉妬心と糞尿と吐瀉物とあらゆる生き物の腐った肉をぐちゃぐちゃに混ぜて煮込んだ様な♪

そんな作画を期待したんですがやっぱアニメになると・・・というかたくさんの人間が関わって一つの作品作っちゃうと歓喜も絶望も表現がうすーくなっちまいますなー。

やっぱり「表現」は基本的に一人でするものなんでしょうなー。